アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
For Once In Mylife
ブログ紹介
毎朝スターバックスで聴くスティービーワンダーの1曲。
来年中国に行くことをひそかに決意したはなの日記です。あと一年がんばるよ〜
zoom RSS

ミニ中国留学セミナー 

2006/02/18 13:57
『中国留学ガイドブック』の著者である秦 佳朗氏の
中国留学のセミナーに行ってきました。
日時:2006年 2月16日(木) 
   18:00〜20:00
場所:駒場東大前 学生支援センター(東大の横に留学生宿舎がありました)

余談ですが、この本は
留学の手続き、スケジュール、心構え、大学情報が豊富に載っている本で
留学を考える人の必読本です。サイトもあります。

前半は留学手続きと奨学金の解説
後半は実際に中国に留学されている方の体験談と質問タイム。
内容も豊富でとてもためになりました。参加者は学生、社会人半々くらいで50人くらいはいたでしょうか。

体験者の方はバイタリティーあふれる女性で、
御自分で留学中にインターンシップを見つけて
向うへ行って1年半ですでに
大学院受験をしているくらい猛勉強をしたといっていました。すごいです。
あと、めちゃめちゃ声がおおきかったです。
中途半場にだらだらと一年勉強したくらいでは
電話もとれない、一人で旅行にいけるくらいということらしいです。
甘く考えてはいけません 面白そうだけれど茨の道です。頑張ろうホント。

感じたことは目標をある程度具体的にしなければいけないなということです。
向うで時間を無駄にしてしまったり、目的を見失ってしまったり、
また就職に関しても英語、中国語ができなければ「使える」とはみなされないんやなと思った。
何をしてきたかが重視されるということです。あんまり期待しちゃだめよってわけだ。
講師の方には、奨学金をうけてみるといいのでは?といわれました。
お金がどうのという前に、
それ自体が目標になるし、留学の目的を整理するためにも
よいのではないかと薦めていただきました。

初めて奨学金を視野にいれた夜。
渋谷でビールを飲みながら一人考える。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


頭を冷やそう。

2006/02/10 22:49
プライベートのお話。

今日はデートだったのですが、
私が仕事でミスをして外出先から会社へトンボ帰り。
自分に腹が立って頭に血が上ってしまった…
彼氏は一人でご飯。1時間遅れでついたのだけれど
逢えず。

めぐり合わせがわるくて自分がいやになる
土日も会えないし頭ひやすね
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


勉強はこんなかんじ

2006/02/09 23:31
さて、留学しようとおもってまずは語学の勉強の年間計画を立てました。
肝心の留学の目的もはっきりしないまま、ざっくり概算するとこんなかんじのイメージ。

1〜4月中旬 大学のテキストの復習
4〜10月 文法書と通信教育 
6、10月 HSK試験
11〜1月 スクールに通う?長文読解など

どうなのだろうか・・・。もしごらんになっている方がいらっしゃったら
アドバイスおねがいします…。もっとがりがりやらないといけないのかなぁ。

一番手近なので大学の時のテキストを引っ張り出してみました。
(1)『簡明実用漢語課本』 東方書店
(2)同 CD
(3)『中日辞典』 
(4)『Why?に答える中国語』 文法書

以上です。
2年目は新聞のコピーとかを読んでいたので1年目の教材しかのこっていません。
ネットで調べると通信教育、ア○○のヒアリングマラソンとか、とかとか。
なんと会社の近くにスクールがあり、早朝、土曜日のコースもある。
ふむふむ。耳で聞く学習を中心に、値段が高いのでスクールは
最後の何ヶ月か通おう。ということで算出した結果上記のようになりますた。

(1)の教科書は結構よいと大学の先生が言っていたので、まずは耳慣れているフレーズで復習。
テキストの内容もおもしろいんですよ。
よくあるように中国語を勉強しているアメリカの大学生が主人公で
彼らの生活をテーマにした、簡単な会話がのっています。
何課かわすれたけれど、主人公の妹が遊びに来て
「おにいちゃん中国語ってむずかしそうね!」って中国語で言ってたりするし。

・早速購入したもの
MP3 アイリバーN11(レッド) 

CDをMP3に落として時間のあるときに聞いています。i-podより軽いしちっちゃい。
簡単な課と難しい課を合わせて1週間に2〜3課 丸暗記。
超初心者なので丸暗記で耳を慣らそうと思っているのですが
こんな勉強法でよいのかな。
こんなのでもあたふた中国語マスターの道は遠く険しいです。

ちなみに、中国で普通語の基準とされているHSK(英語で言うTOFLEみたいなもの)
が毎年6月、10月にあります。

おまけ:あと脳を鍛える大人のドリルで脳みそも同時並行できたえつつ。
おあとがよろしいようで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


留学しても問題は解決しない

2006/02/08 22:36
この1ヶ月はどうして不安なのかわかりませんでした。

私ははっきり言って仕事ができない。
事務処理は不正確だし、
わからないことを寝かすし、
営業としてのガッツもない、etc…
可愛がってもらっているけれど
怒られてますホント

このままここの職場にいて、
5年後にわたしが会社に求められているかといったら
答えはNOだ。今のままでなにもかわらなければ。

留学がそういう後ろ向きな理由からきているのならば
嫌だと思う。逃げるように海外に行くのだけはしたくない。
だけど今の現状は燦燦たるものだ。
留学をしたところでその後
こんな私が仕事をやっていけるのだろうか?
私は逃げていないだろうか?

だけど、気がついたのだ。
留学をしても、仕事をやめても、転職をしても
仕事ができないことに対しては
なんの解決にもならないのだ。
仕事の問題を解決するのは仕事なのだ。
留学は留学、恋愛の問題は恋愛でしか解決できないのである。
どこへいっても同じことだ。問題は問題のままなのだ。
それが分かったよ。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


きっかけは〜

2006/02/06 00:29
中国行きを決意した背景。

0.親戚が中国へ転属する(同じ地域ではないのですが・・・)
1.第二外国語で中国語を2年、密かに興味がずっとありました。
 ユーモラスとお上品でないところがしごく気に入ったのでした。
2.民主化をすすめている。
 著しい経済発展、 生産拠点としての企業進出、
 広大な市場として今後も注目され続ける国である。
3.ゆえに中国語を勉強して、稼げるようになりたい。
4.物価が安いため、
 留学資金をまかなえるくらいの貯金はできた。
5.将来を約束した彼氏がいない。
6.親が元気
7.自分も元気
8.中国文化にふれて自分や、日本を外からみることができる。
 本当によい機会かもしれない。
9.来年の春から2年後帰ってきてもまだかろうじて20代なのである。
 なんとなくそれが私を安心させるのである。
転職の口はあるかしら?結婚できるかしら?そういうすけべ根性がはたらいています。ええ。
努力しないとなにもつかめないのは痛いほどわかっているのですが・・・。

ややうしろむきな理由として
8.今の職場で5年後も求められている自信は正直ない。
9.だからキャリアアップの勉強をします。
おまけ:このまままっていても結婚できないかもしれない!!
 
ならばやりたいことをやろうと思った。たとえば転職して今より給料が半分になったところで、なにもしないでするよりやりたいことをやったあとなら自分を納得させられると思う。きっと今なら・・・ムリです。私を日本に縛るものが何もないのだ。それが時にたまらなくさびしいけれど。
風がそっちに吹いているなら、私はいくよ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0


密かな決意

2006/02/05 00:32
今年の年明けに中国留学をひそかに決意して
自分の気持ちを整理するために日記をつけることにしました。
情報公開というよりは、
私個人の意見をつづった、
どちらかというと自己分析的なブログになってしまうと思いますので、
あらかじめご了承ください。

中国へ行こうと思ったのは、家族の単身赴任がきかっけでした。
あとで書きますが理由は結構すけべ根性まるだしです。が
選択としてはベターだ!ととっさに勘が働いたのです。

人生の意思決定が必要な場面で、私はしばしば自分の勘を働かせていました。
つまり、逆を言えば自分は時には衝動的に
時に無目的にいろいろなところをうろうろしてしまう
無意思人間にみられてしまうのです。自分でもそれはみとめています。
余談ですが、「人生は運と勘でできている」というのがわたしの生きるモットーです。

ただし、このような私がモチベーションを維持し続けられずに
むこうで無為に時間をすごしてしまうのは悲しいので、
下の4点のテーマにてブログをはじめることにしました。
・留学の目的
・大学選択にあたって
・留学準備の記録
・複雑な心境 etc・・・

よろしくお付き合いくださいますよう お願いいたします。

はな 2006年2月5日
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 39 / コメント 0


月別リンク

For Once In Mylife/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる